グーグルの華為制裁 OS利用者にも影響

米Google社が中国の通信大手「華為科技」との一部取引を停止した件で、台湾の華為スマホユーザーに動揺が広がっている。

ソフトの提供中止により、現在のAndroid OSは更新が不可能となるほか、ロイター通信は、GメールやYoutubeといったアプリの利用も将来的に制限される可能性があると報道。またその他アプリもGoogle Playを通じてダウンロード、更新するため影響が懸念される。

(5月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行疫病情況指揮センターは3月25日(水)、国民に対し屋内で100人、屋外で500人を超えるイベ…
  2. 南投縣水里郷の男子中学生が3月20日(金)、同級生の少年に向かって投げつけたカッターナイフが相手の頸…
  3. 台湾の女性タレント劉真が3月22日(日)22時22分、台北市内の病院で亡くなった。44歳だった。…
PAGE TOP