オーストリアと台湾ワーホリ 1年間のビザ発給へ

 

台湾外交部は10月24日(火)、台湾・オーストリア両政府が外交部にて「ワーキングホリデー合同声明」修正案に署名したことを発表した。今後、相互に1年間有効のビザ発給を行う。

台湾とオーストリアは、2014年よりワーキングホリデーを実施、6カ月有効のビザを発給していたが今後は1年に延長される。なお台湾ではのべ22万人が同制度を利用している。

(10月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  2. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
  3. 飽きの来ない品揃え「松江南京」駅から徒歩5分、オフィスビルと美食店が林立する四平街に…
PAGE TOP