エバーセクハラの男 3月にタイで死亡

今年1月、LA発台北経由バンコク行きのエバー航空便の機内で、客室乗務員の女性にセクハラ行為をした外国籍の男が、3月にタイのサムイ島で死亡していたことがわかった。
男は5月のフライトをすでに予約していたが、事件後、同社ではこの乗客を搭乗拒否とし、弁護士からの通達手続き中に死亡が発覚した。同社は乗客の家族とチケットの払い戻し手続きを進めているという。
(4月17日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  2. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
  3. 台湾政府が推し進めるクーポン「振興券」のネット予約が7月1日(水)、スタート。同日10時半までに予約…
PAGE TOP