エバーセクハラの男 3月にタイで死亡

今年1月、LA発台北経由バンコク行きのエバー航空便の機内で、客室乗務員の女性にセクハラ行為をした外国籍の男が、3月にタイのサムイ島で死亡していたことがわかった。
男は5月のフライトをすでに予約していたが、事件後、同社ではこの乗客を搭乗拒否とし、弁護士からの通達手続き中に死亡が発覚した。同社は乗客の家族とチケットの払い戻し手続きを進めているという。
(4月17日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市北投区に住む男性が3月21日(土)北京から入境した際、提出した書類に虚偽の電話番号や住所を記載…
  2. 丁寧なカウンセリングで安心の眉毛アートメイク昨今流行りの眉毛のアート…
  3. 本格NYスタイルピザ南京復興駅に隣接した「Urban One百貨」4階に昨年末オープ…
PAGE TOP