エバーセクハラの男 3月にタイで死亡

今年1月、LA発台北経由バンコク行きのエバー航空便の機内で、客室乗務員の女性にセクハラ行為をした外国籍の男が、3月にタイのサムイ島で死亡していたことがわかった。
男は5月のフライトをすでに予約していたが、事件後、同社ではこの乗客を搭乗拒否とし、弁護士からの通達手続き中に死亡が発覚した。同社は乗客の家族とチケットの払い戻し手続きを進めているという。
(4月17日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾に住む男性が、近頃アメリカのネットショッピングで購入したマスク500個の製造地が「中国湖北」と書…
  2. 航空警察局は税関と共同でマスクの違法輸出取り締まりを実施。1月28日(火)~2月16日(日)の間に合…
  3. アメリカの「第92回アカデミー賞」で監督賞・作品賞など4部門をさらった韓国映画「パラサイト 半地下の…
PAGE TOP