〝マスクの乱〟に終止符 統一販売がスタート

中央健康保険署は2月6日(木)9時より、マスクの統一発売を実施した。

同署公式サイト(bit.ly/2GZ2vhX)ではマスクを販売する全国6505カ所の健康保険特約薬局のリストや在庫状況などの情報を公開。購入は健康保険証持参で実名制、1回当たり1人2枚までに限られ、7日以内は再購入不可となる。

新型コロナウイルスの流行により、マスクを買い求める人が殺到。ネット上では高額で取引されるなど悪質なケースもみられる。

法制局によると生活必需品であるマスクのストックは刑法251条に違反。新北市の薬局では非医療用マスクを医療用と偽り販売、また大量にストックするなどして検挙されている。

 

(2月6日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台南市の花園夜市で、少女が深夜まで菓子を売る姿が目撃され、議論を醸している。ある女性が11月…
  2. 経済部は11月16日(月)、第4季困窮者対策として、製造業及び技術サービス業労働者への給与と運営資金…
  3. 痛みに弱い私でも程よいと感じるギリギリの効果あり施術普段パソコンやタ…
PAGE TOP