〝マスクの乱〟に終止符 統一販売がスタート

中央健康保険署は2月6日(木)9時より、マスクの統一発売を実施した。

同署公式サイト(bit.ly/2GZ2vhX)ではマスクを販売する全国6505カ所の健康保険特約薬局のリストや在庫状況などの情報を公開。購入は健康保険証持参で実名制、1回当たり1人2枚までに限られ、7日以内は再購入不可となる。

新型コロナウイルスの流行により、マスクを買い求める人が殺到。ネット上では高額で取引されるなど悪質なケースもみられる。

法制局によると生活必需品であるマスクのストックは刑法251条に違反。新北市の薬局では非医療用マスクを医療用と偽り販売、また大量にストックするなどして検挙されている。

 

(2月6日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾のベテラン女優・譚艾珍の娘が3月25日(水)、妊婦検診のため台湾に帰国することを事前にネット上で…
  2. 中央流行疫病情況指揮センターは3月25日(水)、国民に対し屋内で100人、屋外で500人を超えるイベ…
  3. 南投縣水里郷の男子中学生が3月20日(金)、同級生の少年に向かって投げつけたカッターナイフが相手の頸…
PAGE TOP