【トリビア~ン台湾】Vol.16 病院事情

台湾で病気になったら、どうしたらいいでしょうか? 普通の時間帯なら病院の受付で診察登録すればいいのですが、得てして時間外に多く不調になります。

台湾の大病院はどこでも、曜日に関らず急診(急患)を24時間受け付けています。もちろん自分の足で行ってもかまいません。

<解説>

外国で一番心細いのは「病気になったらどうしよう」ということではないでしょうか。台湾には大規模総合病院が数多くあります。しかも外来受付は午前、午後、夜間に渡って対応しており、土曜日も平日と同じように診てもらえます。さらに救急の場合なら、どこの病院でも常時受け付けています。

2年前、友人が訪台したその夜に、意識不明になり救急車で病院へ運ばれました。意識が戻った時、日本の病院で治療したいと言ったのですが、担当の医師は「飛行機の中で死にますよ」と止め、そのまま3週間入院。帰国時、友人は「台湾の医療は日本より進んでいる」と一言。安心して病院にかかってくださいね。

日本語の通訳ボランティアを置いているところも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市豊原区の書店「三民書局」が9月30日(月)をもって閉店することを発表していた件で、近頃店舗…
  2. 日本や韓国などのTV放送や映画を違法に視聴できるストリーミング視聴機器「QBOX(千尋盒子)」が…
  3. 夏バテからの回復今日はちょっと大人数で食事ってことになったので、そんな時こそ…
PAGE TOP