【トリビア~ン台湾】Vol.16 病院事情

台湾で病気になったら、どうしたらいいでしょうか? 普通の時間帯なら病院の受付で診察登録すればいいのですが、得てして時間外に多く不調になります。

台湾の大病院はどこでも、曜日に関らず急診(急患)を24時間受け付けています。もちろん自分の足で行ってもかまいません。

<解説>

外国で一番心細いのは「病気になったらどうしよう」ということではないでしょうか。台湾には大規模総合病院が数多くあります。しかも外来受付は午前、午後、夜間に渡って対応しており、土曜日も平日と同じように診てもらえます。さらに救急の場合なら、どこの病院でも常時受け付けています。

2年前、友人が訪台したその夜に、意識不明になり救急車で病院へ運ばれました。意識が戻った時、日本の病院で治療したいと言ったのですが、担当の医師は「飛行機の中で死にますよ」と止め、そのまま3週間入院。帰国時、友人は「台湾の医療は日本より進んでいる」と一言。安心して病院にかかってくださいね。

日本語の通訳ボランティアを置いているところも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP