LGBTQパレードに13万人 投票への参加・支持呼び掛け

LGBTQ(性的マイノリティ)の法的・社会的権利確立を求める街頭パレードが10月27日(土)、台北市の総統府前を起点に行われた。

主催者発表によると、16回目となる今年の参加者数は13万7000人で昨年の12万3000人を上回り、過去最多。世界第6位、アジア最大のプライドパレードとして知られる。

台湾では昨年5月、最高司法機関である司法院大法官会議が同性婚の権利を認め、2年以内の法改正を求めた。しかしながら反対の声も強く、賛成派、反対派双方が同性婚やLGBTQに関する学校教育の是非などを巡り国民投票を提案、11月24日(土)には5項目の投票が実施される。主催団体らは18歳以上の投票権を持つ国民に対し積極的な参加を呼び掛けた。また台湾におけるLGBTQ運動の先駆者である祁家威氏は今回の国民投票で問われる5項目中3つはLGBTQにとって不利益であると強調した。

(10月31日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市にて自家用車を運転中の男性がほかの車両に接触、飲酒していたため摘発を恐れ香水で口を漱いだと…
  2. 台湾鐵道では4月4日(木)~7日(日)の清明節連休に際し、3日(水)から特別ダイヤでの運行を実施…
  3. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
PAGE TOP