【今週もゴチになります】京昌園 焼肉餐廳 —日本本格焼肉店—

極上黒毛和牛を台北で

静岡を拠点に展開している創業60年の「京昌園」が、今年8月『東区』に初出店。贅を尽くした黒毛和牛がリーズナブルに味わえる日本本格焼肉店だ。

同店では、敢えてブランドにこだわらず、豊富な知識と経験を持つ目利きが、その日、一番良い黒毛和牛を仕入れている。更に、注文後に黒毛和牛を切り、オリジナルダレに揉み込んでから出す徹底ぶり。そんな究極黒毛和牛を味わいたい人には、希少部位を舟盛りにした「黒毛和牛・極盛り」(3680元・6種)がオススメ。これを食べれば、同店の和牛に対するアツい信念が伝わるはずだ。また、上質な部位のみを使用した「厚切りタン」(580元)には、さいの目の切込みがあり、厚みのあるタンをさらに柔らかく、ジューシーにしている。

コース料理がお得!

お昼のランチメニューも充実しており「5彩焼肉ランチ」や「スンドゥブチゲランチ」(各250元)などが手頃な値段で頂ける。たまには、自分へのご褒美に「黒毛和牛盛り合わせランチ」(680元)もいいだろう。

これからの忘年会シーズンにピッタリなのが「コース料理」(880元~/一人前)。黒毛和牛を含んだお肉各種の他に、前菜・サラダ・野菜盛り・ご飯物・デザートが付く。特に料理長イチオシの「極上コース」(1480元)は、黒毛和牛3種を含め全8種類のお肉が味わえる。ご飯ものは、同店オリジナルスープが好評の「冷麺」・「ビビンバ」・「白ご飯」の中から選べる。

今回のゴチは、焼肉屋で絶対食べたい「牛タン塩」を夜限定でサービスする。富士山の銘水だけを使い、キリッと味わいの「富士山・特別純米酒」(980元/300ml リットル)との相性も最高。肌寒いこの季節、仲間とワイワイ焼肉を楽しもう!

Info

住所 大安延吉街131巷45号

TEL 02-8773-7122

営業時間 11時~15時(ラストオーダー14時半)17時~翌1時(ラストオーダー23時半)

席数 60席

予算 ランチ250元~、ディナー800元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 韓国の人気女優ソン・イェジンの主演ドラマ「愛の不時着」に台湾の寺社による「春聯」が登場し、ファンらの…
  2. 日本の〝カリスマホスト〟ローランドが2月3日(月)台湾を訪れていたことがわかった。ローランド…
  3. 中央健康保険署は2月6日(木)9時より、マスクの統一発売を実施した。同署公式サイト(bit.…
PAGE TOP