郵便局で偽札混入 知らずに受け取り

 

桃園市に住む男性が、近頃郵便局にて預金を引き出したところ、偽札が含まれていたことをネット上で報告した。

男性は桃園市の平鎮郵局にて現金105万8000元を引き出し、新竹市の竹科銀行に預け入れたところ、竹科銀行の窓口行員から1000元札1枚が偽札であることを告げられた。男性は引き出してきたばかりの紙幣であり、偽札にすり替えたりなどはしていない、あり得ないと反論したが、行員から特徴などを説明され偽札であることを初めて認識したという。男性は「郵便局員が気付かず受け取っただけでなく、流通させた」として批判のコメントを投稿。

 

(3月29日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP