逆恨みで派出所に復讐 虚偽の宅配をオーダー

新北市永和派出所の名義を騙り、ドリンクスタンドなどへ大量のデリバリーを依頼した男が9月3日(月)19時頃、詐欺などの罪で逮捕された。

男は公衆電話を利用し、約10日間で20軒あまりの店舗にドリンク100杯、料理20点以上をオーダー。確認のため電話を折り返した際に詐欺であることが発覚した店もあるが、多くは配達時に警察官より知らされたという。

男は37歳で、今年4月永和区の賃貸物件に関し貸主と揉めた際、同派出所の警察官の対応に不満を持ったという。また虚偽のデリバリーオーダーをする際には、物件貸主の弟の名前を悪用していた。

(9月4日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP