日本でレンタカー利用 運転時の注意貼り出し

台湾人旅行者が日本を訪れ、現地でレンタカーを利用した際ハンドル部分に貼り付けた〝注意表示〟がネット上で注目を集めている。
周知の通り台湾では車両は右側走行であるのに対し、日本は左側走行。投稿された写真では、ハンドルの中央部分に交差点の図が書かれ、道路の左端を走る車両の絵と右折時に「左を見る(看左)」など注意点が書き込まれている。またハンドル両サイドのウインカーとワイパーの設置場所が逆であることをリマインドする標示も書かれていた。
なおコメントによるとこれはレンタカー会社スタッフの配慮によるもので、外国人に貸し出す際貼り付けているという。
(8月20日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル「Tolta round the world」が10月末に制作した台湾を…
  2. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
  3. 南投縣の山間に本部を置くカルト教団「中華白陽四貴霊寶聖道会」が今年9月、教育と称し信者の集団虐待…
PAGE TOP