日本でレンタカー利用 運転時の注意貼り出し

台湾人旅行者が日本を訪れ、現地でレンタカーを利用した際ハンドル部分に貼り付けた〝注意表示〟がネット上で注目を集めている。
周知の通り台湾では車両は右側走行であるのに対し、日本は左側走行。投稿された写真では、ハンドルの中央部分に交差点の図が書かれ、道路の左端を走る車両の絵と右折時に「左を見る(看左)」など注意点が書き込まれている。またハンドル両サイドのウインカーとワイパーの設置場所が逆であることをリマインドする標示も書かれていた。
なおコメントによるとこれはレンタカー会社スタッフの配慮によるもので、外国人に貸し出す際貼り付けているという。
(8月20日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市豊原区の書店「三民書局」が9月30日(月)をもって閉店することを発表していた件で、近頃店舗…
  2. 日本や韓国などのTV放送や映画を違法に視聴できるストリーミング視聴機器「QBOX(千尋盒子)」が…
  3. 夏バテからの回復今日はちょっと大人数で食事ってことになったので、そんな時こそ…
PAGE TOP