平均寿命ランキング 台湾80・7歳で8位

台湾内政部は9月11日(水)、最新の「簡易生命表」を公布。これによると、昨年の台湾における平均寿命は80・7歳で、うち男性が77・5歳、女性は84歳だったことがわかった。
内政部によると、医療水準や食品の安全衛生基準などの上昇により、台湾人の平均寿命も上昇傾向にある。過去10年間で比較すると、2008年の平均寿命が78・6歳だったのに対し、昨年はおよそ2歳の伸び。
世界的に見ると、長寿国はスイスや日本、シンガポールが上位を占めているが、2015年のデータでは台湾人の平均寿命は世界へ員より男性が8・4歳、女性が10・5歳も上回っている。
(9月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本統治時代の台湾で抗日闘争「霧社事件」の犠牲者を追悼する式典を前に、闘争を率いたセデック族の頭…
  2. 2023年の竣工が見込まれる桃園国際空港第3ターミナルの建設工事に関し、交通部長・林佳龍氏は空港…
  3. フードデリバリースタッフによる交通事故が相次いでいる件で、台北市労働局は10月15日(火)、事故…
PAGE TOP