台南でクレーンゲーム店増加 増加率2倍もトラブル増に

 

台南市で昨年から無人のクレーンゲーム(夾娃娃機)店が急増しており、市政府が最近発表した統計によると増加率は約2倍にも及ぶことがわかった。

市政府財政税務局によると、昨年のクレーンゲーム店経営者数は250件で、一昨年に比べ2倍、現在6100台が設置されている。増加の理由として、無人で運営できるのに加え、100万元ほどで起業でき、1カ月で初期投資が回収できることが挙げられる。一方で盗難や損害、また近隣住民とのトラブルも起きているという。

しかしながら深夜の利用客が騒がしく近隣トラブルに発展、また競合の増加により店を畳む者もいるという。

(1月28日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP