ごみの資源回収規定 違反多発で罰金も

台南市環境保護局はこのほど、収集されたごみ内容の調査結果を公開。これによると、ドリンクや食品の容器など回収物とされているものが多く紛れ込んでいたことがわかった。

同局では毎月焼却場にて全体の約5%を対象に抜き取り調査を展開。本来分別回収されるべき紙製品、プラスチック製品が分別されず、一緒くたに捨てられていることがわかった。違反者は廃棄物処理法に基づき、1200~6000元の罰金が科される。

(8月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
  2. 台北市内で4月10日(水)、「ミシュランガイド2019」台北版の発表会と受賞式が行われ、唯一の3…
  3. 台北地方検察署と海巡署の合同捜査班は4月9日(火)、中国にて偽造された日本の旧紙幣を密輸し転売し…
PAGE TOP