【トリビア~ン台湾】Vol.169「珈琲」と「咖啡」の違いって何?


台湾のカフェを巡るのが大好きなのですが、コーヒーを漢字で書くと日本では「珈琲」、台湾では「咖啡」と異なります。どうしてなのでしょうか?

どちらもコーヒーの当て字ですが、「珈琲」は江戸時代の学者が考案したもので、「咖啡」は中国語で当て字を作成した時の習慣によるものなんだそうですよ

<解説>

 日本にオランダからコーヒーが初めて輸入された時「可否」「加非」などと音訳されました。「珈琲」は蘭学者の宇田川榕菴が考案したと言われており、美しい珠玉を連ねた女性の髪飾りや首飾りを意味する言葉で、あたかも樹上の赤いコーヒーの実を連想させます。一方、中国語にも「珈琲」はありましたが、外来語を音訳する際、漢字に意味を持たせず音のみを表すことを示す場合に口偏を用いる習慣があったことから「咖啡」とした、と言われています。

「コーヒー」も「カフェ」も咖啡と書く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣林内郷の国道3号線で、3月31日(日)朝8時頃、ルリマダラの大量発生が観測された。交通部高速公…
  2. 問近頃、YouBikeが最初の30分無料になったので、なかなか自転車をゲットできません。そこにポツ…
  3. ネット掲示板に近頃、台北市内の路上に置かれた公共のゴミ箱に、外国籍とみられる人物が自宅またはホテルか…
PAGE TOP