【トリビア~ン台湾】Vol.168 美式珈琲について


「アメリカンコーヒー」は薄いので、普通のブラックコーヒーが飲みたいんですが、台湾には「アメリカン」しかないんでしょうか…

それは「アメリカーノ」のことですね。アメリカーノとはつまりブラックコーヒーのことで、日本の「アメリカンコーヒー」とは異なります。

<解説>

 昭和期に流行した「アメリカンコーヒー」は、ブラックコーヒーにお湯を足すなどして薄めたコーヒーですが、本来「アメリカン」は浅煎りの豆で淹れた薄めのコーヒーのこと。これに対して「アメリカーノ(美式)」はエスプレッソに3倍のお湯を加えたもので、これが「ブラックコーヒー」です。戦時中、イタリアのエスプレッソが濃すぎるとアメリカ兵が生み出したのだとか。「アメリカン」は日本のコーヒー文化が創り出した和製英語なので、海外では通じません。

アメリカ兵が作ったから「アメリカーノ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ネットインフルエンサーの「晚安小鶏」ほか1名がカンボジアで犯罪被害の自作自演動画を撮影し拡散させた件…
  2. 問台湾のカフェを巡るのが大好きなのですが、コーヒーを漢字で書くと日本では「珈琲」、台湾では「咖啡」…
  3. 昨年8月、新竹市に住む男宛てに、タイから大麻の苗が郵便で届いた件で、新竹地方法院はこの度、第二級麻薬…
PAGE TOP