【今週もゴチになります】旬彩 神楽家(かぐらや )— 日本料理—

春を感じさせる「周年コース」

名古屋にある和食の老舗「神楽家」がSOGO忠孝店に進出して早7年。先月、装いを新たにリニューアルオープンした。和食の基本「五法」を軸に、日本人料理長が、日本の季節感を意識しながら神楽家本店の味とおもてなしの心を守り続けている。

周年時には、料理長自ら特別コースを編成。今年の「7周年特別コース」は前菜から刺身、焼き物、メインの鍋に〆のにゅう麺、水菓子まで大満足の品揃えだ。

前菜「マグロ最中」はタルタル仕立てのマグロを最中でサンド。燻製ナッツと、パリッとした最中の食感も楽しい。「お造り盛合せ」は台湾で水揚げされた鮮魚を使用、2日間西京味噌に漬け込んだ「鮭の西京焼」や蟹の身がふんだんに入った濃厚な「蟹クリームコロッケ」など焼物3品と続く。

メインは「熊本産A5和牛トマト鍋」。割下と出汁を半々に、トマトの酸味と旨味成分のグルタミン酸が溶け出し、霜降り和牛をさっぱりとした味わいで堪能できる。〆には、爽やかな「檸檬にゅうめん」に柚子胡椒を加えて。食後の水菓子は「葛切り」を、きな粉と黒蜜に絡めてどうぞ。

またハズレなしのスクラッチも実施しており、一等「刺身7種盛合わせ」(1880元相当)とお値打ち以上の商品に期待が高まる。

神楽家が作る本格弁当

自宅や会社、行楽向けにテイクアウト弁当も販売。うな丼や唐揚げ入りの「神楽家特製弁当」(350元)、「黒酢豚ヒレかつ丼」(260元)など、プロの味を手軽に楽しめるのも今だけ。人気の「ひつまぶし」(小880元)など店内メニューもすべて持ち帰り可。また前日まで3000元以上を注文すると、台北市内の配送を一部無料としている。

地元の味が恋しくなる時節柄、日本の春を感じさせる本格和食に舌鼓を打とう。

 

Info

住所 大安区忠孝東路四段45號遠東SOGO忠孝店11階

TEL 02-8978-5666

営業時間 11時~21時半(金・土曜は~22時、ラストオーダー各30分前)

席数 104席、個室1(最大12人収容)

予算 400~元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスクなど医療用品を製造・販売する「csd中衛」が、8月1日(土)より込めディズニーのアニメ映画「ア…
  2. 高雄市鳳山区の「衛武營國家藝術文化センター」について、建築設計を担ったオランダ人建築家のフランシーン…
  3. パラジェルでダメージ知らず子連れもOKなネイルサロン毎日うだるように…
PAGE TOP