【今週もゴチになります】折田菓舗(おりたかほ)—和カフェ・ケーキ—

和を意識したケーキ作り

SOGO復興館の裏手の閑静な住宅街に佇む「折田菓舗」。パリと日本で修業した日本人パティシエ・折田氏による、抹茶や柚子など和の素材を生かしたケーキや焼菓子をイートインでもテイクアウトでも楽しめる。

折田氏自慢のふわふわ日式の「シフォンケーキ」(各180元)は、ほろ苦い抹茶クリームが溢れ出す「静岡産抹茶のシフォン」や「ティラミスシフォン」など4種以上を用意。焙煎茶の香り漂う「小豆とほうじ茶シフォン」は、直径10cmのシフォンの真ん中に濃厚ほうじ茶カスタードと求肥、粒あんをイン。多様な食感を一度に味わえ、パティシエのセンスが感じられる。

華やかなミルクレープ

今やすっかり同店の代名詞となった「フルーツのミルクレープ」(210元)は、薄く柔らかなクレープ生地に、イチゴやキウイ、ブルーベリーなど甘みも酸味も十分の果物を甘さ控えめなクリームと交互に挟んだ贅沢な一品。夏にはマンゴーやメロンも登場するので、季節ごとの変化も楽しみたい。

ミルクレープと合わせて人気のドリンクは、ショウガにスターアニス、唐辛子、シナモン、クローブなどで作る「自家製ジンジャエール」(170元)。スパイスの豊潤な香りと、ピリッと爽やかなのど越しが夏の暑い日にはたまらない。また玄米茶や煎茶、ほうじ茶をポットでいただけるのも日本人にはとりわけうれしい。

今回はケーキを1人1点以上購入で「ミニ北海道クリームケーキ」をサービス。ひと口大のブランデー入りシフォンの上に、ディプロマットクリームと柔らかな北海道産生クリーム、さらに季節のフルーツをトッピングしたイートイン限定のスイーツだ。濃厚でリッチなダブルクリームをご堪能あれ。

折田氏は自ら講師を務める「折田お菓子教室」(2000元~)も毎月開催している。プロのホールケーキや焼菓子を学びたい人は早速申し込みを。

 

Info

住所 大安区仁愛路三段123巷6號

TEL 02-2721-6350

営業時間 13時~19時半

席数 20席

予算 イートイン320元~、テイクアウト170元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 南投縣仁愛鄉法治村の武界溪ダムで9月13日(日)早朝4時頃、突然の放水により下流でキャンプをしていた…
  2. 料理を美味しく見せるには! ズバリ食器の色にも関係があります。特に和食では、一種類ずつ小皿に…
  3. 財政部関務署によると、今年の元旦から9月14日(月)までに押収した「メイド・イン台湾(MIT)」偽装…
PAGE TOP