【今週もゴチになります】天晴 —日本伝統藁焼 炭焼—

冬こそほっこり焼酎タイム

宮崎県を始め九州の郷土料理と焼酎を提供する「天晴」。焼酎ナビゲーターの三島さんが、オーダーに合わせて焼酎をペアリングしてくれることも。

マストオーダーはやはり宮崎のご当地グルメ「ちきん南蛮」(250元)。衣を付けてから卵を絡めて揚げ、本場同様ふわふわの食感を再現、仕上げの南蛮酢とタルタルソースが食欲を増進させる。揚げ物に合うのは柳田酒造創業以来の「千本桜」(200元)。蔵の井戸から引いた地下水を使用、黒麹を使い重厚で骨太な口当たりに仕上げつつ、やさしい甘さが女性にも人気の1本だ。

また花蓮産赤羽地鶏の「地鶏炭火焼」(280元)は、炭色が付くまで焼き、燻製のような旨みに赤柚子胡椒を添えると香ばしさが増す。力強く奥深いコクと風味が特徴麦焼酎「青鹿毛」(200元)をロックで。豊かで伸びのある余韻があり、蒸留酒の香味が楽しめると酒呑みにも好評だ。

きんかんヌーボー解禁

同店では1月16日(木)、宮崎県とのタイアップ企画「きんかんヌーボー」(参加費1200元/人)を開催。選りすぐりを温室で育てた宮崎県産の金柑の出荷と解禁を祝うイベントで、金柑を浮かべたシャンパンで乾杯。ほかにも金柑尽くしのメニューがビュッフェスタイルで食べ飲み放題となる。参加予約はFacebookから。

今回は、年末年始の「宴会プラン」が200元引きに。藁の香りが漂い旨みが凝縮された「かつおの藁焼」や、炭火でモツの脂分を落とした「炙り牛もつ鍋」を含む全10品以上から、仕入れと希望に応じてアレンジ可能。

九州に限らず、各地のご当地グルメにもスポットを当て、訪れる度に愉しませてくれる「天晴」。稀少な焼酎と本場の料理、声高に「天晴」と叫ぼう。

Info

住所 中山区林森北路107巷48號

TEL 02-2541-7771

営業時間 17時~24時(ラストオーダーフード23時、ドリンク23時半)

席数 46席、個室4(最大24人収容)

予算 1000~1200元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市北投区に住む男性が3月21日(土)北京から入境した際、提出した書類に虚偽の電話番号や住所を記載…
  2. 丁寧なカウンセリングで安心の眉毛アートメイク昨今流行りの眉毛のアート…
  3. 本格NYスタイルピザ南京復興駅に隣接した「Urban One百貨」4階に昨年末オープ…
PAGE TOP