【今週もゴチになります】Forest Side(フォレストサイド)ーバーー

朝7時まで飲めるバー

林森北路の北側、グロリアプリンスの裏手のバー「フォレスト・サイド」。上海で10年以上に渡りバーを経営してきた森脇氏が2年前、台北で開いた2号店だ。

アルコールは日台ビールにウィスキー、ワイン、焼酎、カクテルと豊富に揃えているが、日本人、台湾人ともに人気なのは焼酎だとか。それもそのはず、来店客はある程度飲んだ後でやってくるのがこちら。基本の営業時間は朝7時まで、お客さんがいる限り閉めないというスタンスのため、食事を済ませ、1次会が終わり、2次会や3次会で訪れる客で賑わう。

また台湾人に好評の梅酒も少しずつ種類を増やし、現在は5銘柄を置く。中でも新メニュー、麦焼酎ベースの「天空の月」(190元)はフルーティな飲み口で女性にオススメ。

祝・2周年で駆け付け

さて、今夜のお目当ては今年6月にスタートしたフードメニュー。上海で人気のカレーを台北でも、と常連にせがまれ始めたと聞き、期待に胸が膨らむ。

日本の「シャウエッセン」を使った「ボイルソーセージ」(150元)はパリッとした歯ごたえ。またノンオイルでヘルシーに仕上げた「メンチカツ」(70元)に「唐揚げ」(180元)、卵トッピング可の「ラーメン」(150元)など深夜の空腹を満たしてくれる。

今回のサービスは、上海店で不動の人気を誇る「カレーライス」と、コシの強い麺に出汁の効いた「カレーうどん」が対象。酒好きに合わせニンニク効かせたカレーを前に、罪悪感はどこへやら、ぺろりと完食する。

つい先日2周年を迎えたばかりの同店。「まだ2年? って驚かれます」と話すオーナーの森脇さんは、関西人らしい気さくな人柄が魅力だ。一見さんもウェルカム、肩肘張らずに常連気分で過ごせる同店、2周年祝いに駆け付けよう。

 

Info

住所 

中山区新生北路二段76巷41號

TEL

0909-395-794

営業時間

21時~翌7時

席数 

25席

予算 

600元~

エリア

中山國小

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市大安区の広東料理レストランが、ミシュランガイドの審査基準が不明瞭だとして調査員の訪問を拒否、…
  2. 説明しよう! 「必勝日本」は中国語では「日本に必ず勝つ」という意味である! 中国語では、基本的に目…
  3.  血糖値をコントロールする糖尿病の治療薬「易週糖」をダイエット目的で使用する人が増加、世界的に品薄と…
PAGE TOP