EXILE・AKIRA単独インタビュー 初の海外単独ライブ『EXILE LIVE 2023 in TAIPEI』に向けて

12月9日(土)、台北市ミュージックセンター(台北流行音楽中心)にて初の海外単独ライブ『EXILE LIVE 2023 in TAIPEI』を開催するEXILE。昨年は「EXILE結成20周年」という節目に当たり、日本国内でドーム級ライブを連発。台北公演は、この一年を締めくくるビッグイベントとなる。

今回はAKIRA、TAKAHIRO、KENCHI、TETSUYA、NESMITH、SHOKICHIのオリジナルメンバー6人が出演。20年以上前にリリースし、いつの時代にもあらゆる世代を魅了してきた名ナンバー「Choo Choo TRAIN」に、EXILEの代表曲ともいえる「Lovers Again」「Ti Amo」のほか、AKIRAが出演したバラエティTVショー「神秘五金行(ミステリーハードウェア)」の主題歌である中国語詞の新曲「NEVER SAY GOODBYE」など、台湾限定ステージを披露する。

台湾に家族を持ち、”第2の故郷”である台湾にて、この20年メンバーを入れ替えながら進化し続ける超大型グループを率いての単独公演を実現させたAKIRA氏に、今回のライブへの意気込みと、台湾を新たな拠点とした今後の展望について聞いた。

──コロナ禍を隔てて公演は約3年ぶりとはいえ、台湾では広告やTVと、AKIRAさんのお顔を見ない日はないほど精力的に活躍されていますね。

ありがとうございます(笑)。EXILEとしての仕事のほかに、広告や台湾の年越し番組「紅白」出演、レコード大賞のプレゼンター、今年はバラエティリアリティーショー「神秘五金行(ミステリーハードウェア)」にも出演して、充実した一年でした。

夏には音楽フェス「SUPER SLIPPA」にEXILEの6人で出演したんですが、台湾のファンの方たちがすごく盛り上がってくださって。
その熱気が伝わって来て、会場が一体になる瞬間も感じられて。とてもうれしかったですね。

──手ごたえは十分、というタイミングでの単独公演というわけですね。

そうですね(笑)。LDH(※1)のエンターテインメントは以前からグローバルレベルのクオリティを常日頃意識していて、海外からもありがたいことに、沢山のファンの方々僕たちのライブにお越しいただいてました。
これから、さらに積極的にグローバル展開を意識していこうとしていた矢先のコロナ禍だったんです。

LDHは日本のほかに上海や台湾にもオフィスもありますので、改めて、これまで以上に、海外へ出向いて行こう、世界を巡りLDHエンターテイメントをお届けしていこうと思うようになりました。

それでやっと、昨夏くらいから海外へ行けるようになったので、まずは海外公演を、ということを目標にやってきたんです。

※1 LDH…EXILEのオリジナルメンバー6名で立ち上げたエンターテインメント企業。現在はEXILEや三代目 J SOUL BROTHERS、GENERATIONSはじめ多くのアーティストやアスリートが所属する

──台湾にはLDHの現地オフィスもありますし、ダンス&ボーカルスクール「EXPG」もありますよね。AKIRAさんはLDH TAIWAN(LDH愛夢悦股份有限公司)のCEOに就任されたと伺いました。
そうなんです。日本は札幌から沖縄まで12校あって、海外は台北が2009年開校、ほかに上海にも展開しています。
子どもから大人まで、ボーカルやダンスだけでなく、アクト(演技)やラップなど舞台の総合エンターテインメントが学べる場所。次世代のアーティスト養成に取り組んでいます。

また育成システムの強みは、アーティストと隣り合わせにあるということです。

今回のライブでも、台北校の生徒もジョイントして、一緒にステージを作ってくれます。
サポートダンサーとしてEXILEの曲でバックを務めるだけでなく、彼らもEXILEのステージを彩る一員として、それぞれが自分たちのエンターテインメントを創り上げて見せるイメージです。

──その演出もAKIRAさんが手掛けていらっしゃるんでしょうか?
はい。日本にいる時間もオンラインでレッスンを見てアドバイスしたり、振り付け指導をしたり。
自分がまだ若手だった頃、憧れのアーティストと一緒のステージに立った時うれしかったことを今も覚えていて。彼らにとって憧れの存在になれていたら、共にステージを創り上げるその瞬間を共有できたらと思っています。

多くのお客さんの前でパフォーマンスをするなんて、なかなかない機会ですし、この経験からまた何かを、夢を得て新しい目標に向かって行ってくれたらいいですね。

──今回は「THE JET BOY BANGERZ」も登場すると伺いました
そうなんです。「THE JET BOY BANGERZ」は「iCON Z(※2)」で勝ち上がったメンバーを集めた10人体制のグループで、彼らも一緒にステージに上がってくれます。
こちらもEXILEの曲でコラボレーションしたり、彼らのステージも用意する予定で、この機会に彼らを知って応援してくれるファンが増えてくれたら幸いです!

さらに、昨年、台湾の年越しイベントで出会ったイブ・アイ(艾怡良)さんをゲストに迎えます。彼女はSHOKICHIとコラボした曲を制作していて、先日東京でレコーディングを終えたんです。
ご縁があって、素敵なコラボレーションをさせていただきましたので
今回もゲストでお声掛けさせていただきました!

※2 LDHで2021年から開催しているオーディション。今夏、第2回を武道館で開催し、東京でEXPGの生徒も含め計4万8000人が参加しLDH史上最大規模となった

──最後に今回のライブで伝えたいこと、今のお気持ちを聞かせてください。

今回は、これまで20年やってきたこと、積み上げてきたものを台湾の方々にも届けたいという思いがあります。

何より、長年現地で応援してくださっていた台湾ファンの皆様に、恩返しの気持ちも込めて今回ならではのスペシャルショーケースをお届けしていこうと意気込んでいます。

そして、ライブに来てくれた皆さんが元気が出たり、明日もがんばれるって思ってくれたり。子供たちには僕らをきっかけに、夢を持ってもらえたり。

LDHが掲げる「Love,Dream,Happiness」が伝わったら、そんなうれしいことはないですね。

『EXILE LIVE 2023 in TAIPEI』
【出演】
EXILE(AKIRA,TAKAHIRO,KENCHI,TETSUYA,NESMITH,SHOKICHI)

【日程】
2023年12月9日(土) 開場17:00 / 開演18:00(※台湾時間)

【会場】
台北流行音楽中心(TAIPEI MUSIC CENTER)

【チケット料金】
特席:4,980元(NT$4,980)
2階席:3,980元(NT$3,980)
3階席:2,980元(NT$2,980)
3階席(後方):880元(NT$880)
車椅子席:2,490元(NT$2,490) / 1,490元(NT$1,490)
※価格表記は台湾元
※日本と台湾のチケット価格には通貨レートにより差異が生じます。予めご了承ください。

●チケット購入はコチラ → KKday

──先ほど日本と行ったり来たり、とおっしゃっていましたが、台湾での生活はいかがですか?

台湾の気候は好きです。何より人の温かみを感じられる台湾が好きです。
週末には家族でレストランに行って円卓を囲む食事をしたり、家族や人とのつながりをとても大事にしたり、日本の古き良き時代のようだなと。台湾で家族のあり方や親孝行の風習を改めて知って感じて、自分もこうありたいなと思うようになりました。

──日本から家族やお友達が来られた際に、連れて行きたい場所はありますか?

場所、というよりレストランなんですけども(笑)。運鈍根湯(ユンドゥングンタン)っていう漢方火鍋の店で、烏骨鶏を漢方とお酒で煮込んだ鍋。
「おしゃべりな魔法の鍋」って言われていて、というのもこの鍋を食べるとお酒を飲んだ時とはちょっと違う、すごく楽しい酔い方をして、いっぱいしゃべっちゃうんです。
みんなニコニコしておしゃべりして、心も身体もあったまるし、これからの季節が一番いいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ネットインフルエンサーの「晚安小鶏」ほか1名がカンボジアで犯罪被害の自作自演動画を撮影し拡散させた件…
  2. 問台湾のカフェを巡るのが大好きなのですが、コーヒーを漢字で書くと日本では「珈琲」、台湾では「咖啡」…
  3. 昨年8月、新竹市に住む男宛てに、タイから大麻の苗が郵便で届いた件で、新竹地方法院はこの度、第二級麻薬…
PAGE TOP