CA元機長が詐欺 被害額2億元に

台北地方検察署はこのほど、詐欺の疑いでチャイナ・エアラインの元機長の男を起訴した。
被害者は男の同僚に当たる客室乗務員の女性スタッフで、、男は「高レートで両替する」と称して金を騙し取っていたほか、外貨投資を促し金銭を受け取っていたという。ところが一昨年「オーナーが夜逃げした」と話し急に退職。女性らは騙されていたこと、被害者がほかにもいることを知り男を訴えた。なお被害額は2億元にのぼる。
(1月16日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの流行を受け国内外でマスクの供給が不足している中、台湾大学環境職業健康科学所・陳志…
  2. コロナウイルスの影響で孤立状態にある武漢市への応援ムービー「讓世界充滿愛」が、ドイツの学生らによって…
  3. 台湾時間2月10日(月)9時からアメリカロサンゼルスで行われた「第92回アカデミー賞」受賞式で、過去…
PAGE TOP