3年間カップ麺でがん 若者にがん広がる

 

高雄市阮総合医院は近頃、若年層のがん罹患率が増加傾向にあることを発表した。

同医院では、ネットゲームに没頭し3年間インスタントラーメンを食べ続けた17歳の少年が、大腸がん末期であると診断。ほかにも16歳の少女が重度の便秘と貧血で来院し、大腸がん末期と診断された。

統計から若年層の飲食習慣や運動不足など、生活形態が影響していると警鐘を鳴らしている。

(4月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP