商標侵害のブラックリスト 電影天堂、蝦皮がリスト入り

 米通商代表部(USTR)は1月14日(木)、2020年版「悪名高い市場(Notorious Markets)」レポートを公開。「電影天堂」「蝦皮」などが含まれていることがわかった。

 同レポートは「商標偽造と著作権を侵害、または促進する」とされるマーケットを指し、39のwebサイトと24の実店舗または市場名を記載。そのうち台湾にIPアドレスを置く映画・ドラマ海賊版サイト「電影天堂」や、ECサイト「蝦皮購物」のほか、中国の「淘寶網」「拼多多」が含まれる。

 これに対し台湾経済部智慧財産局は、これらのサイトのドメインは中国にあり、台湾は無関係と説明している。

(1月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市議会の游淑慧・市議が10月5日(火)、近頃台湾で人気を呼んでいる韓国ドラマ「イカ…
  2.  近頃ネット上の掲示板で「最も立地選択を誤った高鐵(新幹線)駅」についての質問が投稿され、多…
  3.  中央流行感染症指揮センターは10月6日(水)、先日新型コロナウ…
PAGE TOP