商標侵害のブラックリスト 電影天堂、蝦皮がリスト入り

 米通商代表部(USTR)は1月14日(木)、2020年版「悪名高い市場(Notorious Markets)」レポートを公開。「電影天堂」「蝦皮」などが含まれていることがわかった。

 同レポートは「商標偽造と著作権を侵害、または促進する」とされるマーケットを指し、39のwebサイトと24の実店舗または市場名を記載。そのうち台湾にIPアドレスを置く映画・ドラマ海賊版サイト「電影天堂」や、ECサイト「蝦皮購物」のほか、中国の「淘寶網」「拼多多」が含まれる。

 これに対し台湾経済部智慧財産局は、これらのサイトのドメインは中国にあり、台湾は無関係と説明している。

(1月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. カンボジアでの求人に応募した台湾人の若者らを狙った詐欺事件が、近頃相次いで報告され、航空警察局と刑事…
  2. 近年、SNSで大人気の「アフタヌーンティー」。スコーンにサンドイッチ、ペストリーを3…
  3. 東京の自由が丘に本店を置くこちらのお店。スフレパンケーキの有名店で、シンガポ…
PAGE TOP