スイスツアーでトラブル 警察がバス運転手を連行

あるネットユーザーが近頃、スイス行きツアーに参加したもののバスの運転士が警察の摘発を受け連行されるというトラブルを報告した。

同ユーザーは今年4月、新婚旅行のため費用20万元ほどを支払いスイスとドイツを巡るツアーに参加。しかし6日目、スイス国内をバスで移動中、運転士が警察に連行されたという。旅行会社が手配した現地のバス会社が、数日前に別のツアー客を乗せていた際にトラブルが発生しており、その影響でバスが緊急検査対象となった模様。

参加者32名はやむなく路上で待機、添乗員は直ちに代わりのバスを手配したが到着が遅れ、近くのホテルにてツアー客らを休ませたほか、1日分の費用返金と2日分の食事をアップグレードした。

(5月31日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚したものの「児童・少年福利権益保…
  2. ドリンクチェーン「可不可熟成紅茶」新竹關埔店で7月14日(日)夜、閉店間際にデリバリーのオーダーが入…
  3. 芸術劇団「玩勮工廠(Toy Factory)」が9月7日(土)~29日(日)、ミュージカル「百舌(M…
PAGE TOP