サウナで性行為を強要 17歳少年が被害訴え

台北市松山区のサウナ施設で5月13日(月)、男性客がマッサージ師の女から性行為を強要されたとして警察に通報するという出来事があった。

男性は17歳で、同日夕方頃サウナを利用。休憩エリアで休んでいたところ61歳の女からマッサージを勧められ個室に移動した。しかしマッサージを受けて男性のズボンを下ろし、自分も下着を脱いで男性の上に乗り、無理矢理性行為に及んだという。

男性は性行為の経験がなく、驚きのあまり拒否できないまま店を出たが、後に不満が膨らみ付近の派出所に通報。婦人児童警察隊が出動し女の身元を把握しており、近日中に取り調べを行うとしている。

(5月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台電大樓近くの語学学校「台北マンダリンセンター」雙連校にて、8月4日(日)「第26回日台交流イベント…
  2.    まだ韓国に出発できていない私ですが、さすがに韓国料理はやめようと思い始…
  3. 初めて効果を実感抜け毛が劇的に減少 「本当に!?」妻…
PAGE TOP