台中の企業、週休3日 業績悪化も「変化が必要」

台中市にある工業用プラスチック関連の企業が週休3日制を導入し、注目を集めている。

同社は創業27年、全人員19名と小規模ながら日月公や台湾高鐵など大手と取引する。7年前に創業者の父親から継いだ現社長が、最も重要なのは人財ととらえ、昨年から月曜と金曜の2日に分けスタッフの半数ずつに休暇を与える制度を導入。当時は業績が悪化しており批判されたが、業務以外も変化が必要と考えたという。

(5月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台電大樓近くの語学学校「台北マンダリンセンター」雙連校にて、8月4日(日)「第26回日台交流イベント…
  2.    まだ韓国に出発できていない私ですが、さすがに韓国料理はやめようと思い始…
  3. 初めて効果を実感抜け毛が劇的に減少 「本当に!?」妻…
PAGE TOP