大直アパート沈下事故 施工会社に賠償責任

台北市中山区大直街の建設工事の影響で近隣アパート7棟の沈下が発生した件で、11月13日(月)に行われた市議会で市建築管理工程處の虞積学・處長は調査の結果、この一帯の地盤が柔らかいことが確認されたが、施工責任者である基泰建設の過失が認められるとして、同社に修繕費用と損害賠償を要求した。
虞處長は同社の建設工事前後の鑑定報告書により、沈下は工事によるものと断定できるとした。
(11月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣林内郷の国道3号線で、3月31日(日)朝8時頃、ルリマダラの大量発生が観測された。交通部高速公…
  2. 問近頃、YouBikeが最初の30分無料になったので、なかなか自転車をゲットできません。そこにポツ…
  3. ネット掲示板に近頃、台北市内の路上に置かれた公共のゴミ箱に、外国籍とみられる人物が自宅またはホテルか…
PAGE TOP