柯文哲氏が参拝取消 すっぽかしに寺が激怒

2024年の総統選への出馬を表明している民衆党の柯文哲・主席が11月12日(日)彰化縣を訪れ、遊説活動を行った。しかし予定していた鹿港の天后宮訪問を突如キャンセルし、天后宮の主任委員が翌13日(月)、Facebook上で柯主席を罵るコメントを発布した。

柯主席陣営によると同日同じく鹿港の新祖宮を参拝した際、支持者が多数集まり、急遽その後予定していた天后宮の参拝をキャンセルせざるを得なかったと説明。しかし天后宮の主任委員は「選挙が始まるまでもう来なくていい、こちらも暇とは限らない」「選挙前には(同じく他党候補者の)侯友宜と賴清徳を迎えるだけだ」と罵った。
(11月13日)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 気温が36度を超える猛暑日が続き、卵用鶏が熱中症により大量に死亡する事態が発生している。…
  2. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚した件で、家族からの通報により少…
  3. 台北市のMRT中山駅から雙連駅に跨る商業エリアで、近頃、飲食店など約100店が「土地使用条例」に違反…
PAGE TOP