新北市消防局に通話データ請求 コロナで死亡の男児の父親

新北市で2歳男児が新型コロナウイルスに感染後、合併症で亡くなった件で、男児の父親は事実の究明を求め6月6日(月)、新北市消防局へ通報当時の通話録音データを受け取りに出向いた。

録音データは通報当日に母親が119にかけた5回と、119側からの折り返し3回の通話で約26分間に渡る。父親は5月末に録音データの提供を求めていたが、消防局は「通話中にほかの通報の内容など個人情報が入っている」としてこれまで提供していなかった。

父親によると当日17時38分が最初の通報。続く18時8分の2回目の通報で男児が意識不明であることを伝えたが、1922が男児の件を北部コントロールセンターに移送したのは20時44分だったという。「とても受け入れられない」としてさらに消防局と衛生局、病院など関連機関同士で行われた通話記録の録音データを請求する意志を示している。

(6月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市大安区の広東料理レストランが、ミシュランガイドの審査基準が不明瞭だとして調査員の訪問を拒否、…
  2. 説明しよう! 「必勝日本」は中国語では「日本に必ず勝つ」という意味である! 中国語では、基本的に目…
  3.  血糖値をコントロールする糖尿病の治療薬「易週糖」をダイエット目的で使用する人が増加、世界的に品薄と…
PAGE TOP