新型コロナ回復後の後遺症 集中力など低下で仕事に影響

今年1月、新型コロナウイルスに感染した男性が、後遺症とみられる症状に悩まされていることがわかった。医師によると症状は「ブレインフォグ(脳霧)」と呼ばれる認知機能障害の一種で、脳に霧がかかったようになり、記憶障害や集中力の低下がみられるという。

男性は33歳でエンジニア職に就いているが、オミクロン株に感染し、PCR検査で陰性判定となり回復が確認されて3カ月ほど経った頃、強烈な倦怠感と焦燥感が出現するようになった。男性は情報工学の天才と呼ばれ優秀な人員だったが、後遺症により簡単な作業も数時間後には忘れてしまうなど、能力と効率が急激に下がったという。

WHOではコロナ感染の回復期以降に現れる長期的な疾患「Long COVID」の主要な症状について、「ブレインフォグ」のほか気力の低下、頻繁な眠気、集中力や記憶力の低下を列挙。アメリカの研究によると感染者15万人中うつを発症した人が39%、不安症が35%、適応障害38%、睡眠障害41%、ブレインフォグや注意力欠陥・健忘は80%増加したことがわかった。

(6月7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ネットインフルエンサーの「晚安小鶏」ほか1名がカンボジアで犯罪被害の自作自演動画を撮影し拡散させた件…
  2. 問台湾のカフェを巡るのが大好きなのですが、コーヒーを漢字で書くと日本では「珈琲」、台湾では「咖啡」…
  3. 昨年8月、新竹市に住む男宛てに、タイから大麻の苗が郵便で届いた件で、新竹地方法院はこの度、第二級麻薬…
PAGE TOP