台北・新北市長の口撃 陳指揮官への雑言

台北市の柯文哲・市長が中央流行感染症指揮センターの陳時中・指揮官への「口撃」を続けている。

柯市長はかねてより中央の防疫対策に疑問を呈し、ミスを指摘。「防疫対策なら中央よりもよくわかっている」と話している。また新北市の侯友宜・市長も同様で、蘇貞昌・行政院長が先日提唱した防疫と経済を一体化させた「新台湾モデル」について「訳が分からない」とした。これに対し陳指揮官は「わかるならすぐ実行すればいい」「わからなければ質問しに来ればいい」と応戦。

著名キャスターは柯市長が陳指揮官を「歯科医出身と嘲笑している」と市長を批判している。

(4月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市大安区の広東料理レストランが、ミシュランガイドの審査基準が不明瞭だとして調査員の訪問を拒否、…
  2. 説明しよう! 「必勝日本」は中国語では「日本に必ず勝つ」という意味である! 中国語では、基本的に目…
  3.  血糖値をコントロールする糖尿病の治療薬「易週糖」をダイエット目的で使用する人が増加、世界的に品薄と…
PAGE TOP