ワクチンの接種規定違反案件 関与疑いの職員ら異動・減点

 台北市衛生局の黄世傑局長が、先頃発覚した市内クリニックのワクチン接種規定違反事件に絡み辞職や休職を要求されていたものの、7月6日(火)午前の市政会議に出席していたことがわかった。

 事件は好心肝診所にて6月8日夜間に行われた接種対象者以外の一般人への接種と、同様に禾馨診所にもワクチンが規則に反して配布されていたことが発覚したもの。当時はクリニックでの接種及びワクチン配布は認可されておらず、柯文哲・台北市長は高嘉瑜・立法委員が関係していると指摘した。一方の禾馨診所は立法委との関連を否定、違反があれば処分に甘んじるとし罰金230万元、好心肝も同じく200万元のほか共にワクチン接種資格を取り消された。

 台北市政府では、前疾病管理科長などワクチン流出及び接種規定違反に関与したとみられる人物数名を異動、原点処分としている。黄世傑局長については両クリニックのさらなる調査期間中を休職としながら、重要な会議への出席のみが認められている状態。

(7月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP