ネット上にイベント爆破予告 VPN使用でアカウント偽装

 警察は1月4日(月)、アカウントを偽装し掲示板サイト上に「カウントダウンイベント会場に爆弾を仕掛けた」と書き込んだ27歳の男を逮捕した。台北地方検察署は、男が証拠隠滅や逃亡の恐れ、再犯を繰り返す危険性があるとして身柄を拘束、接見禁止を申請した。

 調べによると男は高雄市在住でコンビニに勤務しており、12月31日(木)夜、仮想ネットワーク「VPN」を使用して日本のIPアドレスを使用し、さらに他人の公開アカウントをハッキング。ポータルサイト「巴哈姆特」や掲示板サイト「PTT」上に「カウントダウにベント会場を血に染める」「一緒に死のう」「警察に見つかったら自分も死ぬつもりだ」「観光地やMRT駅に爆弾を仕掛けた」などと脅迫文を書き込んだ。さらに物証が残ることを案じ、使用したパソコン3台をすべて初期化。検察ではすでにパソコンや携帯電話などを押収し、データを復元させている。

 なお、男は容疑を否認、自身のアカウントが乗っ取られたと主張している。

(1月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP