「普悠瑪號」事故から2年 5月にレール破断発生も

死者18人を出した特急列車「普悠瑪號」6432便による脱線事故から丸2年となった10月21日(水)、交通委員会及び運輸安全調査委員会の合同会議が行われ、開会時に出席者らは犠牲者に1分間の黙祷を捧げた。

同日を機に、林佳龍・交通部長は運輸安全調査委員会に普悠瑪號事故の最終報告と、台鐵に安全報告を要求。これによると5月19日台中市成功駅南側の線路で、約44cmに渡りレール破断が発生していたことがわかった。各停車両が通過した際大きな衝撃音を記録したが、標準作業手順書に則り通報をせず、さらに2便が同路線を高速で通過。運輸安全委ではレールの破断は非常に危険であり、台鐵の管理システムの重大な欠陥を再び浮き彫りにしたと見なし、全面調査に介入、11月に結果を報告するとしている。

なお2年前の事故について、安全委では運営側の管理責任と結論づけた。

(10月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台南市の花園夜市で、少女が深夜まで菓子を売る姿が目撃され、議論を醸している。ある女性が11月…
  2. 経済部は11月16日(月)、第4季困窮者対策として、製造業及び技術サービス業労働者への給与と運営資金…
  3. 痛みに弱い私でも程よいと感じるギリギリの効果あり施術普段パソコンやタ…
PAGE TOP