台南鉄道再開発で強制代執行 最後の2家族、立ち退きに同意

台南地区の鉄道地下化計画に際し10月13日(火)、市政府による強制代執行が行われ、最後の1戸となった陳一家が立ち退きに応じ、再開発を巡る住民の抵抗運動に幕を下ろした。

再開発計画は台南市東区の国道1号線南東側の区画が対象となっており、2016年8月時点で内政部都市計画委員会が承認。同10月に解体工事がスタートし、全254棟が対象区域内にあり、うち13棟が取り壊しに同意、残りに関しては市政府主導で交渉を進めてきた。

今年9月末時点で陳家、黄家の2戸が立ち退きを拒否し、支援グループが結成され抵抗運動を展開。両家は土地の地上権を設定し、家屋を残した状態での地下工事を希望していた。陳氏は同日交通部へ赴き「これまで高齢者が長年住んだ土地を離れることを受け入れられず、転居後すぐに亡くなってしまうケースをいくつも見てきた」「年老いた両親に同じ思いを味合わせたくない」として陳情を申し入れていた。なお両家跡地には高齢者向けケアハウスが建設される予定。

(10月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP