COLOR PALETTE ~色彩で輝くあなたに~Vol.6 部屋を広く見せる色とは?

インテリアの壁紙には、白が多く使われていますね。ところが実は、壁に白やオレンジ、黄色など暖色系の「膨張色」または「進出色」を使うと、壁が迫ってくる印象を与え、部屋が狭く感じられるんです。

壁に明るい色を使えば使うほど反射率も高くなり、膨張感も増します。また白は光を多く反射するため、目に刺さるような感じがあり落ち着かないため、疲れの原因になる色でもあります。

というわけで、部屋を明るく、広く見せるには、ベージュやアイボリー、オフホワイトなど明るくとも白色を淡く変化させた色や、淡めの寒色を基調とするのが効果的です。まわりの色とも調和しやすく、部屋の中に配置された家具やカーテンの色とも合い、コーディネートも容易に。

一方最近では、ホテルやコンドミニアムの部屋の壁には一部グレーやブラウンなど、ダークめの色も使われています。明るくはありませんが、落ち着いた雰囲気を持たせ、部屋に奥行きが出てます。壁の色は頻繁には変えにくいので、できるだけ飽きのこない、広く見えて、落ち着く色を選ぶのがよいでしょう。リビングや書斎など、部屋の用途を考えて、それぞれ適した色を選ぶのもいいですね。ペイントではなく壁紙を使えば、柄物を合わせてみるのも楽しいです。

カラフルな色を使いたい場合はクッションカバーやラグマットなど、簡単に換えられるものに。ポイントとして好きな色や、トレンドカラーを採り入れてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP