〝小鬼〟告別式会場でIG 投稿への利用に批判

9月16日(水)に亡くなった芸能人の〝小鬼〟こと黄鴻升氏の告別式が21日(月)、台北市中山区の葬儀場で執り行われ、多くの弔問客が訪れた。この会場近くでインスタグラマーの女性がセルフィーを撮影し、葬儀会場にチェックインした写真を投稿。これに対しファンらの間で疑問を呈する声が上がっている。

写真に写る女性は暗い色合いの服に身を包み、花束を手にしており「最初で最後の対面」「21gの魂がみんなの守護天使になった」などと投稿。しかしファンらは、投稿に死者を利用することの不謹慎さ、遺族への敬意に欠けるとして批判した。

(9月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP