持ち主現れない悠々カード 年間3万枚、処分費用1千万超

台北大衆捷運股份有限公司(北捷)は2016年から18年の間に遺失物として届けられた交通カード「悠遊卡」の残額が1600万元にのぼることを公表した。

統計によると毎年約6枚が遺失物として届けられ、うち半数は持ち主が現れないという。16~18年の総数は9万4000枚で、カード内の未使用残額を累計すると1600万元となった。

届けられてから6カ月が経過すると3カ月以内に拾得者が受け取ることができるが、多くはそのまま放置される。持ち主が現れない場合は処分するが、処理にかかる年間平均費用は1200万元だという。

(9月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP