苗栗縣の売春施設摘発 タイ籍〝元男性〟3人も

昨年5月、苗栗市西勢美地区にある風俗店が、スタッフに売春をさせていたとして摘発された件で、苗栗地方法院はこのたび客の斡旋をしていた男にスタッフ4人の性交容認罪で各3カ月の刑を言い渡した。また1日当たり1000元の罰金支払いで減刑も可能とする。

スタッフ4人のうち3人はタイ籍で、男性器を残したまま女性への転換手術を受けた元男性。観光ビザで渡台し、1回当たり1500元でサービスを提供していた。

3人の身体的状況が特殊であることから、警察は移送する拘置所を男性用か、女性用かで判断に迷い、最終的に男性用拘置所へ送られたという。

(8月19日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市議会の游淑慧・市議が10月5日(火)、近頃台湾で人気を呼んでいる韓国ドラマ「イカ…
  2.  近頃ネット上の掲示板で「最も立地選択を誤った高鐵(新幹線)駅」についての質問が投稿され、多…
  3.  中央流行感染症指揮センターは10月6日(水)、先日新型コロナウ…
PAGE TOP