日本、中低感染リスク国家から除外 短期ビジネス客の隔離短縮も取消

中央流行感染症指揮センターは8月5日(水)の会見で、日本を「中低感染リスク国家」リストから除外。同時に短期滞在のビジネス客に対する隔離期間の短縮措置を取り消した。

同センターは会見の席上で、日本では近頃1日に1000人以上の新規感染者が報告されており、台湾と往来の多い都市部に集中していることを指摘。日本での流行の高まりを鑑み、短期ビジネス客の隔離期間短縮の申請対象となる感染リスクの低い国家リストから外すことを発表した。

現状の対象国家は、低リスク国・地域:ニュージーランド、マカオ、パラオ、フィジー、ブルネイ、ベトナム、タイ、モンゴル、ブータン、ラオス、カンボジア、ミャンマー、低~中リスク国・地域:韓国、マレーシア、シンガポール、スリランカ。

また7月31日(金)に行われた新型コロナウイルスに対する政策シンポジウムの席上で、陳建仁・前副総統は「第二波の襲来に備える必要がある」と話した。

(8月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP