子ども3人道連れ心中 遺族「理解できない」

彰化縣秀水郷に住む男性が、7月21日(火)3人の子どもとともに一家心中する事件があった。

警察と消防によると男性は41歳のシングルファザーで、妻と離婚した後14歳の長男、13歳の長女、6歳の次男を養育。男性は過去に精神病の罹患歴とドラッグ使用の前科、家庭内暴力もあったという。

通常は隣に住む男性の両親と姉が子どもの世話をしており、前日から孫の姿が見えないことを心配し連絡も取れないことから警察に通報。駆け付けた消防が扉をこじ開け、室内で死亡している4人を発見した。

遺族らは14歳にもなった子を道連れにしたことを理解できないとし、警察も追って原因を調査中。

(7月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP