15分の高速検査キット 量産に向けメーカー始動

中央研究院が開発した最短15分以内で新型コロナウイルスの抽出や検出をできるキットを、4月10日(金)よりメーカーに向け発売することを発表した。

同研究院は、ゲノム研究センターの研究員・楊安綏氏が、ウイルスのタンパク質のモノクローナル抗体群合成に成功し、高速スクリーニングの試薬として適用できることを3月8日(日)に公表。7~9社のメーカーに送られ、量産を開始する。

(4月23日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP