1時間以内の修理要求 携帯店スタッフを殴打

 

昨年8月、高雄市仁武区にある携帯ショップにて、来店客の男が1時間以内の修理を要求し、これに応えられなかった店員を殴った件で、検察はこの度傷害、恐喝及び公然侮辱罪にて男を起訴した。

男は58歳で、来店時にスタッフの女性が修理には7~14日を要すると伝えたが同意せず、1時間以内に修理するよう要求。1時間後、店に戻ったところ修理が完了していなかったことに激高し、この女性スタッフを罵ると同時に頬を殴った。

女性はすぐに警察に通報、警察は監視カメラの映像などを証拠に男から事情聴取をし、男が認めたため立件していた。

(1月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP