高雄市街地でまたガス爆発 死傷者なしも避難呼びかけ

高雄市鼓山区の龍德路と神農路交差点付近にて、3月24日(日)23時50分頃、下水道でガス爆発が発生。マンホールが爆風で吹き飛び、濃煙が立ち上った。
高雄市ではこれまでにも度々ガス爆発が起きており、2014年には前鎮区、苓雅区の地下を通るプロピレンガスパイプラインが漏出、2~3平方㌔範囲内の7地点で発生。32人が死亡、321人が負傷した。
今回の爆発の原因は、調査でプロピレンガスによるものではないことがわかっているが、周辺の住宅は停電となり、ネット上では避難を呼びかける書き込みが相次いだ。
(3月26日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市北投区に住む男性が3月21日(土)北京から入境した際、提出した書類に虚偽の電話番号や住所を記載…
  2. 丁寧なカウンセリングで安心の眉毛アートメイク昨今流行りの眉毛のアート…
  3. 本格NYスタイルピザ南京復興駅に隣接した「Urban One百貨」4階に昨年末オープ…
PAGE TOP