高速鉄道Wi-Fi 8月より完全整備

 

台湾の高速鉄道車内にて、最近フリーWi-Fi「iTaiwan」が整備され、ネットユーザーが投稿した記事が拡散している。

台湾高速鉄道公司によると、Wi-Fiは現在8割の車両に導入済。今後8月のユニバーシアード開催までに34路線すべての車両への設置を完了させるという。また接続速度など安定性の面でもまだテスト中の段階であり、中華電信が積極的に改善に臨んでいる。

なおユーザーによると、彰化・雲林地区を通過する際に接続が途切れるなど不安定な状態になると報告されている。

(6月20日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中の南湖大山を6月29日(月)に訪れた登山客が、山中のハイキングコースで1匹のピットブル犬を目撃。…
  2. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  3. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
PAGE TOP