高温日続く台湾 電力使用量が過去最高に

台湾全土で高温が続く中、7月14日(火)と15日(水)の2日連続で電気の使用量が過去最高を記録した。

台湾電力によると、14日(火)のピーク時には最大電力使用量が3779万ワットに及び、供給予備率は10.38%。供給予備率は10%以上であれば5段階で緑色の「問題なし」とみなされる。

台湾では同日より学校期間の夏休みがスタート。台電は学生らが自宅でエアコンを使用する割合が増えるとして、電気使用量はこれからさらに増える見込みだ。

政府は2025年にも原子力発電の撤廃を掲げており、電力不足を不安視する声に対し台電は「今年の発電量は昨年比1.77%に留まっており、不足の可能性はない」としている。

(7月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. TV局の女性ニュースキャスター呉宇舒が2月15日(火)深夜、近隣住民による爆竹の音に悩まされ環境保護…
  2.  日本の現代芸術家・奈良美智氏が3月からの個展を控え2月14日(日)、台湾に到着。14日間に…
  3.  台北市士林区で2019年8月、大学生の男子5人が同級生の女子を暴行した件で、士林地方法院は…
PAGE TOP