飲酒運転の再犯講習 桃園市の葬儀場で実施

桃園監理站と桃園市警局交通警察大隊は9月24日(火)、飲酒運転の再犯者を対象とした講習を市内の葬儀場で行った。
講習では専門講師による「生命教育」のほか、納棺師による遺体の処置法などを解説。命の重要さなどを改めて認識してもらう目的で行われた。
受講者の中には会場となる葬儀場に入るや足の力が抜けて立てなくなり、補助を受けて受講する者もいたという。
(9月25日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP