面接でセクハラ行為 脱衣に胸囲測定も

 

台湾のネット掲示板にて、近頃、台北市にある科学技術企業の採用試験を受けた女性が、面接時に卑猥な質問をされたことを投稿し、ネット上で同社への批判が集中している。

女性によると、試験は人事部の面接官と2人きりで行われ、卑猥な質問をされたほか、衣服を脱がせてスリーサイズを測られたという。同社幹部はすでに当該スタッフを解雇、弁護士に依頼し進めていることを明かしている。

 

(4月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの流行を受け国内外でマスクの供給が不足している中、台湾大学環境職業健康科学所・陳志…
  2. コロナウイルスの影響で孤立状態にある武漢市への応援ムービー「讓世界充滿愛」が、ドイツの学生らによって…
  3. 台湾時間2月10日(月)9時からアメリカロサンゼルスで行われた「第92回アカデミー賞」受賞式で、過去…
PAGE TOP