配達員を蔑視? 警備員の暴言

デリバリーサービス「Uber eats」の配達員が、近頃ビルの警備員に身分証の提示を求められるという出来事があった。
配達員の男性によると、あるオフィスビルへ配達で訪れた際、警備員に呼び止められ身分証の提示及びコピーを求められ、退出時に返還すると言われたという。男性が理由を尋ねたところ、警備員は「何をしでかすかわかったもんじゃない」と回答。男性は不愉快さを抑え警備員に敬意を払ってほしいとして礼儀を求めると「お前らはどうせ仕事が見つからなくてこんなことやってるんだろう」などとさらに暴言を発した。
男性は「自分でお金を稼ぎたいだけ。あなたこそ仕事が見つからないんだろう」と返し、その場を立ち去ったという。
(10月8日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP