遠東、給与未払い 労働局で調停会議

昨年12月、資金繰りの悪化で運航を停止した「遠東航空」の給与未払いに関し、台北市労働局は3月9日(月)、調停会議を行った。

労働局労働基準課によると同社職員の966人が調停を申請しており、会議には在職者と離職者の双方代表合わせて10人余りが出席。同社では5日(木)付で528人の大量解雇計画を提出しており、債権状況などを確認し30日(月)にも2回目の調停会議を行うとしている。

給与の未払い額は数億元にものぼり、労働局では同社への処罰及び450万元の罰金を科している。同課課長によると人数と金額を確認し、労基法に則り支払い手続きを進めるという。

(3月10日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP